皆さんは髪に悩みをお持ちですか。
一昔前までは髪に対する悩みは殆どが40代から50代の男性に多く、育毛剤や発毛剤についてもその年齢層をターゲットにメーカー各社は売り込んで来ました。
しかしながら最近では髪に対する悩みを持つ年齢層、または性別が大きく変化し、下は20代から、そしてさらに女性においても男性同様、髪に対して何らかの悩みとそれに対して対策を考えているという調査結果が出ているのです。
そのため、各ヘアケア製品の製造元、販売業者も戦略を変えて売り込んできているのが実状です。
では、育毛剤や発毛剤はどのようなものを選ぶのが良いか、またその効果はどのくらい現れるのでしょうか。
体質や年齢、性別による個人差はあることを前提に検証してみます。

先ほど、効力には個人差があると申しましたが、性別、年齢に加えて使用頻度、使用方法、さらには生活環境も大きな要素として考える必要があります。
なぜなら、使用される方が20代の男性と60代の男性とでは基本的に新陳代謝が違いますし、運動量や血流の速さも違います。
これらは髪の毛の発育に大きく影響してくるので、この辺りを個人差によるものと認識する必要があります。
次に日々の生活として、夜勤の方と日勤の方、オフィスでの事務仕事と現場での肉体労働など仕事の形態によっても大きく異なってきます。
先ほどの代謝同様、じっとしているのと常に身体を動かすのとでストレスの発散に差が生じ、結果として代謝や血流にも差が出て来ます。

では、これらの個人差を考慮した上で、実際に育毛剤を使用し発毛するまでにはどのくらいの時間を考えれば良いでしょうか。
基本的には最低でも半年から1年の猶予は必要です。
なぜなら、使用しているものが頭皮に合う、合わないを見る必要があり、その後、薬用成分が頭皮から細胞へと浸透し実際の効果を生み出すまでに様々な身体の変化がゆくっりとしたスピードが起きるからです。
もちろん、こちらも個人差があり、全ての人に有効ではないことを知っておく必要があります。
最近では、抜け毛、薄毛を医者に相談し、処方箋を出してもらい薬を服用するという形で対処する方も増えています。
もちろん費用対効果など考える部分はありますが、まずは自分にあうものを根気よく使用し様子を見てください。

オススメリンク

育毛剤はこちらでおすすめの商品を使ってみよう|おすすめ育毛剤ランキング

育毛シャンプーの存在

発毛のメカニズムがあらかた解明された昨今、しかし髪の毛の生育に関してはまだまだ分からないことが多いです。
それでも研究者の方々が日夜、髪についての研究をしてくださって…Read more

使用方法の注意点

薄毛に悩む頭皮に明るい未来をもたらしてくれるのが、育毛シャンプーや育毛剤といった薬剤群なわけですが、そういった薬剤群を使えば必ず育毛の効き目を実感できるのかと言えばそうでもな…Read more

発毛効果も得られる

育毛剤などの発毛商品を工夫することで得られるメリットとしては発毛効果をより効果的に得られることです。
工夫することは育毛剤をつける際にマッサージを行うことで頭皮の血行…Read more

関連リンク

アーカイブ

カテゴリー